東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例のご案内

最終更新日:令和2(2020)年3月13日

 東京都は、マンションの管理不全を予防し、適正な管理を促進すること等により、良質なマンションストックの形成等を図り、都民生活の安定向上及び市街地環境の向上に寄与するため、「東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例(以下、「条例」という。)」を平成31(2019)年3月に制定しました。

 この条例では、要届出マンションの管理組合に、管理状況について届け出ていただく「管理状況届出制度」を創設しました。管理状況に応じて、助言や専門家の派遣などの支援を実施していきます。

 このパンフレットでは、条例を制定した背景や目的などをはじめ、条例の主な内容の①都や管理組合、事業者等の責務の明確化、②管理組合による管理状況の届出(管理状況届出制度)、③管理状況に応じた助言・支援等の実施についてご説明しています。

 なお、管理状況届出システムへの入力による届出方法や、マンション管理状況届出書の記入方法については、「管理状況届出制度のご案内」をご覧ください。

ダウンロード

東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例のご案内
東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例のご案内
 東京におけるマンションの適正な管理の促進に関する条例のご案内

 

問い合わせ先
東京都 住宅政策本部 住宅企画部
マンション課 マンション管理担当
03-5320-5004(直通)

 

 
ペー ジトップへ