東京都優良マンション登録表示制度

最終更新日:平成30(2018)年7月2日

東京都優良マンション登録表示制度とは

 優良マンション登録表示制度とは、建物(共用部分)の性能と管理の両面において、一定の水準を確保する分譲マンションを「優良マンション」として、認定・登録し、公表する制度です。

 本制度は、次のような目的から実施しています。

  • 分譲マンションが備えることが望ましい建物(共用部分)性能と管理のソフト面の水準を確保したマンションを公表することで、購入時の判断材料を提供します。
  • これら、建物性能や管理の状況が適切に評価される流通市場の形成を促します。
  • 登録後も、認定機関が一定期間毎の更新時に建物の検査や、管理規約等の管理に重要な事項の審査をすることで、管理組合の管理に関する意識の向上が図られ、長期に渡ってマンションが良好に維持管理されるよう誘導します。

【制度の改正について】

平成30年4月1日付で、東京都優良マンション登録表示制度を改正いたしました。
主な改正内容は以下のとおりです。

1 認定基準の見直し

【建物の構造】

◆高齢者等への配慮に係る基準を緩和しました。

 住宅性能表示制度の改正に伴い、高齢者等への配慮に係る基準が「任意」に変更となったことから、「共用廊下の手すりの設置」を要件から除外しました。

【管理状況】

◆修繕積立金の目安の額の算定根拠を変更しました。

 国土交通省「マンションの修繕積立金に関するガイドライン(平成23年4月)」で示されている積立金の目安の額を変更しました。

◆防火設備定期検査報告の実施状況を提出書類に追加しました。

 建築基準法の改正により検査報告が義務化された防火設備定期検査報告書を、既存の新規申請時、更新の認定時及び管理規約等報告時の提出書類に追加しました。

2 登録期間の見直し

 新築後12年までのマンションは、6年としている登録期間を新築後12年に延長しました。

※詳しくは認定機関にお問い合わせください。

登録マンション一覧

  → 東京都優良マンション登録一覧
  → (公財)東京都防災・建築まちづくりセンターホームページ

制度イメージ図

対象マンション、申請者、更新等

【対象マンション】

  東京都内の新築及び既存の分譲マンション

  ※新築マンションとは、新たに建設されたもの(建設工事の完了の日から起算して
  1年以内のもので、一度も居住の用に供していないもの。)です。また、既存マン
  ションとは、新築以外のマンションです。

【申請者】

  住宅供給事業者、マンション管理組合等

【更新等】

一定期間(原則3年)ごとに建物性能や管理規約を確認したうえで更新します。

新築の建物性能に関しては、建築基準法に規定する検査済証(以下、「検査済証」といいます。)の交付を受けた日から12年を経過した日までとなります。

既存の建物性能に関しては、登録有効期間は原則3年ですが、検査済証の交付を受けた日から9年を経過していないものは、検査済証の交付を受けた日から12年を経過した日までとなります。

「優良マンション」の水準に達していないことが判明した場合には、認定を取消す場合があります。

認定機関

 ○公益財団法人 東京都防災・建築まちづくりセンター(平成15年から認定機関に指定)

   建築防災部 建築性能課
   〒150-8503 東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル8階
   電話03-5466-2052(直通) 03-5466-2004(代表)
   FAX03-5466-2476
   http://www.tokyo-machidukuri.or.jp/

 ○ビューローベリタスジャパン株式会社(平成23年から認定機関に指定)

   建築認証事業本部 住宅性能評価業務部
   〒163-1517 東京都新宿区西新宿1-6-1 新宿エルタワー17階
   電話03-5325-1236
   FAX03-5325-1237
    http://www.bvjc.com/CTC-Business/TSCC/

登録機関

 ○公益財団法人 東京都防災・建築まちづくりセンター

   建築防災部 建築性能課
   〒150-8503 東京都渋谷区渋谷2-17-5 シオノギ渋谷ビル8階
   電話03-5466-2052(直通) 03-5466-2004(代表)
   FAX03-5466-2476
   http://www.tokyo-machidukuri.or.jp/

認定・登録によるメリット

  •  「優良マンション」として登録、公表されることで、マンションを適正に維持していこう
    という管理組合の 意識の向上が図られ、結果として資産であるマンションの維持に役立ちま
    す。
  • 登録機関や東京都のホームページで広く情報が発信されることにより、マンションの購入検
    討者が、建物の 性能及び管理の状況を把握することができ、購入のための判断材料とするこ
    とができます。
  • 「優良マンション」として登録された証として登録証を発行します。

その他のメリット

  • 東京都の『総合設計許可』を利用する際に、住宅の質に関する『管理報告書』を省略できる
    場合があります。詳細は東京都のホームページをご覧ください。
     →東京都総合設計許可要綱実施細目(PDF:67KB)
  • 認定機関である(公財)東京都防災・建築まちづくりセンタ-(以下、センターという。)にお
    いて、当制度に申請することにより、センターが別に定める他事業の手数料の割引を受けら
    れる場合があります。詳細はセ ンターのホームページをご覧ください。
     →(公財)東京都防災・建築まちづくりセンター(PDF:「安全・安心サポートパック」のご案内)

認定(再認定)の手順

認定(再認定)の手順

  ※建設住宅性能評価書(新築住宅又は既存住宅)の交付を受けた日から1年以内のも
   ので、かつ、都の認定基準を満たすものに限ります。

  ※新築マンションについては、認定更新以降、既存マンションとしての認定・登録
   となります。

認定・登録料

○認定料(税込額)

  *認定機関である、(公財)東京都防災・建築まちづくりセンター及びビューロー
  ベリタスジャパン㈱が定める、 平成30年4月1日時点の金額です。

  *(料金は、建物規模などにより異なりますので、詳細については、認定機関の
  ホームページをご覧いただくか、お問合せください。)

  認定料
新築 39,960円
既存 88,560円
更新 79,920円

  ※建物規模2,000~10,000㎡(20~100戸程度)の場合の料金です。
   新築の認定料には、仮認定、本認定及び3年目の管理規約等審査にかかる経費が
  含まれています。

○登録料(税込額)

  *登録機関である、(公財)東京都防災・建築まちづくりセンターが定める、平成30
  年4月1日時点の金額です。

  * (料金は、登録機関により異なりますので、詳細については、登録機関のホームペ
  ージをご覧いただくか、お問合せください。)

  登録料
新築 5,400円
既存 4,320円
更新 3,240円

《参照ホームページ等》

 (1)必要書類一覧、申請書類(様式)、申請料等

  →(公財)東京都防災・建築まちづくりセンターホームページ
  →ビューローベリタスジャパン(株) ホームページ

 (2)登録情報の閲覧

  →(公財)東京都防災・建築まちづくりセンターホームページ

問い合わせ先
東京都 都市整備局 住宅政策推進部
マンション課 マンション管理担当
03-5320-5004(直通)

 

 
ペー ジトップへ